リゼクリニックの脇脱毛

前ページで述べたように、リゼクリニックは『脱毛専門』・『女性専用』のクリニックです。

今でこそ “美容整形” は広く浸透してきていて、「プチ整形」などという言葉もあるくらいに若い人でも気軽にやっています。が、まだまだ日本人にとっては日常茶飯事的に美容整形を受診するという風潮は馴染みがないもの。

「美容整形外科を受診している」というと、”脱毛” とは言え他の診療部門もあるので、なんとなく負い目というか、引け目と言うか、あんまりいい印象を持たれないんじゃないか と思いがちな部分があって、特に!できるだけ 異性には美容外科を受診している姿というのは見られたくない という方も多いのではないでしょうか。

リゼではそんな心配は一切無用!”脱毛専門” なので、堂々と入っていくことができます。しかも “女性専用”!
院内で他の男性患者さんと顔を合わせるような事もなく、施術後の肌の状態が良くなくても 異性に見られる心配はないので安心です。

   0へのこだわり  

“脇脱毛はクリニックで!” のページのリゼクリニック紹介部分でチラッと書いた、「リゼでは余計なお金を一切摂らない」という文言。
これの意味が、この『0へのこだわり』という事で、
・剃毛料(シェービング代).
・予約キャンセル料.
・打ち漏れ再照射料.
・再診・処置料.
・肌トラブルの治療,薬代.

これらが全て ¥0-!!
特に “剃毛料(シェービング代)” は、こちらがいくら丁寧にシェービングして行ったとしても、もはや取られるのは当たり前で 特に脱毛サロンなんかでは それで儲けてるんじゃないか?ってくらい(もうすでにぼったくり状態)当然のように取られます。

予約キャンセル料にしても、脱毛サロン・クリニック 共に取らない所などほぼ皆無!ひどい所は罰則を科すところさえあります!(ホント 何様?!)

ところがところが!そんな シェービング代やキャンセル料すらお金を摂らないのがリゼ!!

  脱毛のスペシャリスト  

特に “脇” のように凹凸があり入り組んだ部位は、施術が難しくなるので 均一にかつ安全を考慮して脱毛するには、施術するスタッフの経験と一定水準の技術が必要になります。

リゼクリニックでは、美容外科にあるべき 他の診療科目がないため、働いているスタッフは自然と脱毛に関する知識が豊富になり、必然的に脱毛のスペシャリストへと育っていくのです。

女性医師・女性スタッフならではの キメの細かい施術で、十人十色の肌に合わせた絶妙な機会設定。リゼで行われる脱毛は、“リゼ式脱毛”と称して イセアクリニックを始め、様々な個人クリニックで導入されている程です。
 

※新宿院専用LP※